不満を輝きに変えてみた

アイディア(アームストロング船長の訓練)

アームストロング船長が月に降りたくことは、当時とても困難なことだったそうです。

最先端の技術を持ってしても、月に降り立ち帰ってくることができない確率が高かったそうです。
その困難なミションで日々トレーニングを行っていたそうですが、どのようなトレーニングを行ったか
紹介されていました。

その中で失敗するトレーニングを行っていました。

失敗するトレーニングを行うと、どうすると失敗するかがわかり
失敗しないようになるそうです。
リスクマネージメントに近いなーと思いました。
起こりうるリスクを知ることで事前に杖を立て転ばないようにする。
教わった研修を思い出します。
今の自分もたくさん経験させていただき、いろんなことを思いつくようになりました。
今後もたくさんの経験をして自分の成長にしていきたいと思いました。
1発勝負のときこそリスクを考え成功するイメージが大事なんだなと思いました。
なお日頃から行なっている作業には、失敗からたくさん学ぶことが多いので
もっと知識を蓄えすぐに対応できるように致します。
二本松 嵩